​忘れていませんか?

すまい給付金申請手続きについて

yamane111.jpg


  すまい給付金という言葉を聞かれたことがあるかと思いますが、住宅を取得して一定の要件(床面積50㎡以上の自らが住むための住宅で住宅ローンを利用することが原則※例外で利用しなくとも対象になる場合もあり)があれば家族構成や都道府県民税の所得割額にもよりますが現在は最大50万円の給付金が支給されます。
 制度の設立は、2014年4月からですが消費税が5%から8%~に引き上げられた時に出来た優遇制度で新築住宅など一定の要件(床面積50㎥以上、建設住宅性能表示制度の利用や住宅瑕疵担保責任保険加入など売主業者が事前に給付金対象物件として手続きをしていること)が揃えば、制度の対象となります。
 また、中古住宅などは築年数などや消費税額などもよりますが、既存住宅瑕疵担保責任の保険に加入するためにハウスプラスなど決まった会社にて建物状況調査をして、修繕などを得て保険に加入(保険料は必要)出来れば、給付金の対象物件となります。
 更に、住宅ローン所得税減税の期限が10年間から13年間に延長され優遇されるメリットも広がり、対象の住宅取得者に向けた私達の解りやすい説明も必要となってきております。
 弊社も、近年は取引のお客様へのサービスとして、すまい給付金の手続きの代行を行わせていただいており、引き渡しから1年(当面の間、1年3ケ月に延長)となる期間内に確実に給付金を申請~給付に至るまでのサポートをさせていただいております。

 

 せっかくのメリットのある給付金の手続きもうっかり、忘れていたら勿体ないです!!

 

 

 今一度、対象物件かどうかやお客様の期限がいつまでなのか?
 再確認してみられてくださいませ。
 http://www.sumai-kyufu.jp/

※国土交通省のすまい給付金HPより引用

すまい給付金.jpg